Kae stained glass art
j-log(造語)は、喜び"JOY"の j 、自由"JIYU"の j 、気まま企画なページ。

〜 KAESSAY 〜
エッセイとは、自由な形式で気軽に自分の意見などを述べた散文である。
2019.Jul.〜



「暖かくして・・・」
林檎は万病に効く、と ヨーロッピアンは酸っぱくて小さな林檎を毎日のように食べます。 私は、小さめの、酸っぱめの、そういった林檎を食べておりますが、 最近は、肌寒い日が多くて、冷たい林檎をシャリシャリと食べる気にはなれず、 一口大に切って、フライパンに入れ、 塩を少々まぶして、そのまま火にかけ、 いい香りがしてくると、火を切り、 できたては、Hot Appleとして おやつ にいただき、 冷蔵庫に保存してからは、サラダに入れたり、カレーの具にしたり、、 ほんのりとした甘味は、心と体に優しい気がいたします。

「庭木の剪定」
朝から庭木の剪定が始まりました。 庭と言っても道路を挟んだ向こう側の区が管理している80坪程のガーデンのことです。 紅葉、モクレン、桜、サルスベリ、サザンカ、ツツジetc... 5人くらいの男性がやってきて、一斉に始めると、お昼を挟んで3時間くらいで終了。 木が風邪を引くんじゃなかろうか?と思うくらい枝がスカスカになった。 見えなかった向こう側に建つ家が見えるようになった。 このガーデンは、部屋のベランダから見下ろすと、 まるで私の家のお庭のように調度イイ位置にあるのです。 定期的に今日のように剪定に来てくれて、さらに都合がイイのです。 諸君、ご苦労じゃったの〜・・・ (^m^)

「大事なお仕事」
知らず知らず食いしばりをしている、と歯医者さんに言われています。 パソコンをしているとき、 ガラスを切っているとき、 荷物を運んでいるとき、 日常生活のあらゆる場面で、 「HA〜」と書いたポストイットをあちらこちらに貼りました。 冷蔵庫の扉、電気スタンド、シンク周り、パソコン、鏡・・・ 見るたびに、「ハァ〜」と言って、顎を脱力させると良いのだそうです。 顎の緊張は、体の色々な所に影響があるそうです。 これからは、「たっぷり寝て、ゆるりと暮らす」というのが、大事なお仕事です。

「母の味」
外は冷たい雨が降っている。 うとうとしたものの、起きてしまった、今は夜中の2時半。 まだ寒さに慣れていないせいか、随分寒く感じる。 温度を調べてみると、15度、、、暖房をいれた。 お腹が空いたので、昆布水で赤だしを作った。 赤だしをすすりながら、エッセイを書いている。 「赤だし」・・・ 最近また「赤だし」を好んで飲むようになった。 上京してから少し前までは、合わせ味噌が主流で、赤味噌は使わなくなっていた。 今は「赤だし」が本当に美味しく感じる。 子供のころ、母がよく作ってくれた「卵の赤味噌煮」、あれを食べたくなった。 ①土鍋に少し水をいれて火にかけ、赤味噌をとく。 ②砂糖を加え、卵を落とす。 ③箸でかきまわして、全体がほろほろしたら出来上がり。 これをアツアツの白いご飯にかけていただく。

「メガネの疑問」
近眼の人は、遠くがはっきり見えるためのメガネをかけているわけだけれど、 そのメガネをかけたまま本を読んだり、パソコンをしたりしている、気がする。 大人のメガネを作ると、かけたり外したり、面倒で仕方がない。 近視のメガネをかけた子供が、メガネをかけたり外したりしているのは見ないような・・・ 何故だろう?

「アル・ゴア」
「日本は、石炭での発電の技術を開発途上国に教えるのではなく、 太陽光や風力発電の技術をに教えるべきです。」 元アメリカ大統領アル・ゴアさんの言葉です。 ゴア、私が最も尊敬する人生の先輩のひとりだ。 世界を牽引するアメリカの大統領は、こういう人がなるべきだ。 友人の言葉・・・ 「こんなに世界を影響を与えるアメリカ大統領は、アメリカ人だけで選んで欲しくない。」 確かに!

「SECRET SUPERSTAR」
上映中の「シークレット・スーパースター」 アーミル・カーンもいい味出してて、たまりません! 声を出して笑い、意気消沈し、号泣しながら喜び、 150分間、私の心を鷲掴む。

「先進?」
2019年9月18日、インド政府は、健康問題の懸念から、 インドでの電子タバコの生産・販売・購入・輸入が全面禁止になると決定したそうです。 トップ・ダウンのスピードたるや凄い! そして、厳しい! インドでは、環境問題の懸念から、既にレジ袋もすでに禁止しています。 外国人観光客もレジ袋を持っていると、4万円の罰金? え”ー!!

「お代官様」
0:00になった、今日は消費税8%最後の日。 消費税率、上げるのは仕方がないとして、、 軽減税率をやるならば、(欧州の先進国を見習って) 生きる為に絶対に必要な食べ物は、ゼロ税率にして欲しかった。 欧州の消費税は、 標準税率は20%、17%と高いけれど、光熱費は5%、7%など、、 食品や子供服、不動産賃貸や保険、医療は非課税になっている。 日本の政治家さん達は、年間2200万円も報酬をいただいていて、 お米や野菜、駄菓子まで、税金を絞りとるなんて・・・ 時代が時代なら、悪行高きお代官様みたい???

「如何なものか?」
近所の小さなスーパーマケットが今月末で廃業する。 家族経営をしていて、ニコニコしたお父さんと優しそうなお母さん、 背の高い息子さんが後を継ぐべく頑張っていた。 しかし、息子さんが「もう嫌だ」と言い出したそうだ。。。 今回の消費税10%によるレジの買い替えや、 キャッシュレス決済による店側の負担・・・ 気持ちはわからなくはない。 この地に引っ越して来て13年、大変お世話になり有難うございました。 それはそうと、 少し前に、松陰神社商店街にあった「おでん種」の美味しい店も廃業したそうだ。 昨日、珈琲屋のママに聞いて知った。 近所の友人の家でおでんパーティーがあった時、そこの「おでん種」を使ったそうで、 とても美味しくて、次に我が家でおでんパーティーをする時は、必ずそこで買おう! と思っていたところだったので、とても残念でたまらない。 とそこまでは、ただ残念な話だけれど、 廃業後の店舗スペースが賃貸物件として出ていて、 家賃が30万円なのだそう・・・世田谷線沿線で高すぎる! 松陰神社商店街は、最近若者がイイ感じのお店を出店をしていて、活気付いている。 どこか旅行をしに来たような、可愛らしい商店街になって来た。 賛否両論はあるそうだけれど、新陳代謝がよくないからシャッター商店街になってしまうわけだし、 私は大いに良いことだと思っている。 さて、30万円の家賃の話に戻るが、 こんな高い物件においそれと借り手がついてしまったら、大変だ。 周りもどんどん値上がりし、夢を持って頑張っている若者がいられなくなってしまう。 結局は廃墟のような商店街になってしまうだろう。 オトナ(不動産屋)が値踏みをしたのだろうけれど、 少し人気が出て来たからと言って、如何なものか?

「一万歩」
思いがけなく、久しぶりに一万歩を歩いた。 翌朝ベッドから起き上がってびっくり! 最近気になっていた足の痛みが消え、身長が伸びたような感覚。 すごいすごい!

「緑茶」
秋の風 秋の音 秋の香 今朝は暖かい緑茶を入れた。 お茶うけは、ごま煎餅とミルク・チョコレート 被災地の方達は、美味しい緑茶を飲めているだろうか?

「岡田准一」
もう一人、好きな俳優「岡田准一」。 これがまた、シャー・ルク・カーンに似ていませんかね? 君は濃い顔が好きなのか?と思っているそこのあなた、 演技とか才能とか、そういった表現力のファンなのです、ナ。

「山田孝之」
好きな俳優、山田孝之。 理由は、、ジョージアの宣伝が凄い! 普通のセリフを話しているだけなのに、何故か笑える・・・芸人に勝る! 宣伝を作っている監督が凄いのか? いや、山田孝之だからできる、と思う。 と思って、改めて「山田孝之 画像」で検索・・・山田孝之さんがずらり。 あれ? この人、 20年くらいしたら、ナワーズッディーン・シッディーキーに似てくる? 楽しみだ!

「小銭持ち」
非常時に1万円札、5千円札は役に立たない。 千円札か、小銭持ちが当面の「お金持ち」になるに違いない。 普段から小銭をたくさん貯めていれば、 非常時には「お金持ち」気分が味わえるのかもしれない。 そう思って貯金箱を用意した。。が、たまるのは5円玉と1円玉 小銭持ちになるのも、結構大変だなぁ。。

「きつね と たぬき」
赤いきつね と 緑のたぬき ミニは、 緑がきつね で 赤は天ぷら 世に中は、常はないなぁ〜

「Sir」
8月2日から渋谷Buncamuraル・シネマで公開中のインド映画「Sir」 邦題は「あなたの名前を呼べたなら」 カンヌが注目するインド女性監督ロヘナ・ゲラの作品です。 シネマトグラフィーも美しく、大都会ムンバイの様子がよくわかります。 高層ビルからの眺望と、主人公ラトナが歩く布市場の路地・・・ インドが抱えるカーストの問題を肌で感じます。 私は、高層ビルの住人とは程遠いので、 どちらかというと、農村から出てきたラトナ・・・ ラトナの夢が叶うのかも・・・と、ラストシーンはこみ上げるものがありました。

「ここはどこ?」
台風10号が西日本を北上中・・・ 昨日の東京は、 土砂降りになったかと思うと、ものすごい日差しが出たり、 それを何度も繰り返し、まるで、スコールでした。 まるで、アフリカです。 最近、春と秋があっという間だし、(歳のせい?) 日本も50年後には、雨季と乾季の国になってたりして・・・ そしたら、 日本で ”ライラックニシブッポウソウ” に生まれ変わろうかな? あ、でも、ライオンさんの鼻先にとまりたいから、やっぱり、アフリカかぁ〜

「Kahaani」
2015年2月に劇場公開されたインド映画「Kahaani」 ヒンディー語のデーヴァナーガーリー文字だと、कहानीと書く。 発音は、「カハーニー」、「物語」という意味だ。 邦題は「女神は二度微笑む」 なぜ、この邦題になったのか? 二度観たけれど、わからなかった。 それはそうと、ラストで、 「そういうことだったのかー!」 女優ビディア・バランさん、ビックリ!格好良すぎです。 ・・・ もう一つビックリしたのは、 この映画にも、ナワーズッディーン・シッディーキーさんが出てました。 いけ好かない警視庁の司令本部次長なのだけれど、最後にしてやられる。。ハハハ 「バジュランギおじさんと小さな迷子」 「MANTO」 「女神は二度微笑む」 3作続けてナワーズ様とお会いしました。 偶然ですよ、、追っかけた訳ではないです。 世の中、偶然はなく必然って申しますでしょ? これは、ご縁があるのかも・・・ナワーズ様〜

「ブッダはB型?」
インド人はB型が多いのだそうです。 そっか、なんか、わかる気がする。 ブッダもB型だったのかな・・・? 王子に生まれたのに、家を捨てて放浪(修行)に出てしまうなんて、 B型の可能性はかなり高い。 <ブッタの言葉>お盆ですから、ちょっと拝借・・・ (「超訳ブッタの言葉」小池龍之介編訳より) *死ぬときに持って行ける唯一のもの 死ぬときに唯一この手に残るのは、 君がこの人生で行動してきた身体の業(カルマ)と 話してきた言葉の業と 心の中で考えてきた思考の業、 たったそれだけ。 ゆえに、思考・言葉・身体を整えて、 未来に備えて善業を積むように。 善業は、未来の君にとっての、ただひとつの財産となる。

「どこまでもどこまでも」
散髪していなくて毛むくじゃらの黒い大型プードルがいた。 気の毒・・・全身で熱を吸収しているに違いない。 私があのプードルだったら、とっくに熱中症であの世にいる。 プードルはどこの国の犬だろう? と調べてみたら、発祥はロシアか中央アジア北部とある。 ほら、やっぱり寒い国の犬だ! 人間というのは、どこまでもどこまでもエゴイストだ。 その昔、どこその誰かが、「金になる!」と思ったのだろう。 真に生き物を愛おしく想うなら、 在るが儘にしておく事だと思うのだが・・・

「革命」
こうも暑いと、ガスコンロに点火するのに一大決心がいる。 せめてお湯が沸く間だけ、我慢!っと、考えたのが「しゃぶ◯%△」 ①野菜(大根、人参、きゅうり等)を千切りにする。 ②めんつゆ+トマトピューレ(1:1)に酢を少々入れて、ソースを作る。 ③豚肉(鶏肉、白身魚)をゆでる。 ④器に③を入れ、①をのせ、②をかける。 大した思いつきではないが、こうも暑いと、革命を起こした気分になる。

「赤と黄」
夏バテ予防には、赤色と黄色の食べ物を食べると にイイらしい。。 赤パプリカ、クコの実、トマト、すいか、ラディッシュ・・・ 黄パプリカ、黄ニラ、レモン、ゆず、とうもろこし・・・ 赤と黄を観ていると、 も元気にしてくれそうだ! 暑いインドでは、カレーに、唐辛子(赤)、ウコン(黄)、塩を必ず入れる。 さすがインド! リスペクト!

「アウトロー100の言葉」より
Book Offで手に入れた本 「人生を奮い立たせる アウトロー100の言葉」山口智司著 より・・・ ”永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ”(James Dean) ディーンは、アカデミー賞にノミネートされたことを知ることなく、 24歳の若さでポルシェと共に天国へ・・・すごい人は、散り方もすごい!!

「猫殿②」
最近は、暑いので日が落ちてから買い物に行っている。 今日も、、 道路に、白い猫がダラダラに伸びて寝そべっていた。 すぐ横を通ると、目だけをこっちに向けて動こうとしない。 猫は毛皮を着ているから、体感温度はいかほどか? 猫ライフは気ままのようで良さそうだけれど、夏は暑いな。

「アイヌの鏡」
”私の宝物”ページ更新しました。

「猫殿①」
工房の目隠しに立て掛けてある古扉が、毎朝3cm程動いている 都度直しておくと、翌朝また同じように3cm程動いている おとといの朝、いつもより早く工房に行くと、 古扉の前に置いてある簀の子(すのこ)の上に、大きなブチ猫がゴロン・・・ 私の顔をみても立ち上がることなく、簀の子はさながら猫殿の厚畳。 少し近づいて顔を覗き込む・・初めてみる猫・・ 左目が白内障で、右目は半分潰れている。 あっ、扉が・・・

「IDとパスワード」
IDとパスワード IDとパスワード IDとパスワード IDとパスワード IDとパスワード IDとパスワード IDとパスワード IDとパスワード IDとパスワード IDとパスワード ハァ〜

「十四代」
フルーティーでコクがあり、 清らかで、艶っぽく・・・ い、いけませんわ、そんな。。 まだまだその道では未熟な私ですもの・・・ あ”〜、 もうあと戻りはできませんわ、罪なあなた。

「憧れのカレー」
帝国ホテルでカレーを食べる。 これがなかなか実現しない。 カレーといっても帝国ホテルなので、それなりのお値段がする。 一人で行くには贅沢すぎると思い、時折ちらっとお誘いしてみる。 それはもう、何人お誘いしたことか・・・? 地元の友人が東京へ遊びに来るタイミングだったり、 ”ご飯・ボーイ・フレンド” ができたタイミングだったり、 しかし、誰もが、まるでセリフのように、 「カレーだけでその値段? 他に何かないの?」 だよね。まぁ、気持ちはわかる。 こうなったら、一人で挑むしかない。 今年中に実現させるぞ!

「烏団扇(からすうちわ)」
本日は、武蔵の国、大国魂神社の「すもも祭り」なり。 かねてより欲しかった「烏団扇」を手に入れた! このすもも祭りに「烏団扇」や「烏扇子」を配る習わしになっている。 「すもも」と「烏」がどういう関係があるのかは、結局わからないままなのだけれど、、、 とにもかくにも、 五穀豊穣・悪疫防除・厄除の信仰をもつ「烏団扇」と「烏扇子」。 このうちわやせんすで扇ぐと、農作物の害虫は駆除され、病人は平癒し、 玄関先に飾ると魔を祓いその家に幸福が訪れるのだそうだ。 ・・・ カラスといえば、気味が悪いという人もいるようだけれど、 カラスをじっと観察すると、実に可愛い目をしているし、 その羽は黒く光っていて美しい。そう、美しい鳥なのだ。 カラスがゴミをあさって散らかすのはいただけないけれど、 烏が神様の使いだとすれば、 人類への「ゴミ出し過ぎ!」との警告のようにも思えてくる。 もうすぐ天に召される人がいると、その人の家の上を飛び回る、 と言われるが、ひょっとすると、 天へ先導する為に迎えに来てくれているのかもしれない。。

「東京マンゴー」
何年前だったか? マンゴーだったか? アボガドだったか? 隣家との隙間に種を植えた。 それが育ち、 今はその葉先が中2階の部屋の窓まで達している。 そのうち実をつけるのかな? マンゴーだったら、東京マンゴーだ!

「MANTO」
2018年インドとフランスの合作映画「MANTO」(ナンディタ・ダース監督) インドがイギリスからの分離独立へと向かう動乱期、 MANTOは、作家として表現の自由に果敢に挑み、信念を貫いた。 沁みる。 俳優(ナワーズッディーン・シッディーキー)も渋くてステキ! と思ってナワーズさんの事をサクってみたら、 映画「バジュランギおじさんと小さな迷子」では、あの間抜けな報道リポーターでした。 プチ・ショック。(^_^;

「学問のミソ」
この世の全ては数式で表せる、らしい 苺のプツプツ、 幾何学な蜂の巣、 大蛇の鱗に至るまで・・・ そんなことを、子供時代に誰かが教えてくれたなら、 もっと数学に興味がわき、もっと数学を勉強していたことだろう 学問は、まずは面白みを知るのがミソだな。。 もっと早く気づきたかった。。Oh my God!!

「ビニール傘」
関東の梅雨明けは、再来週かしら? 梅雨には傘が必需品なので、今日は傘の話題を少々、、、 以前、東京に遊びに来た友人が、 「東京の人って、ビニール傘の人が多いねぇ〜、どうして?」と言っていた。 確かにそうかもしれない。私もビニール傘のヘビー・ユーザーの一人だ。 とはいえ、先日、お出かけ用に晴雨兼用の小ぶりの傘を買った。 日傘も兼ねているのでビニールではない。 で、雨の日にこの傘をさして、るんるん🎶 出かけたのだけれど・・・ 人混みで傘をさしながら前方を注意するには、傘を視線より上にしなければならない。 濡れないためには前方が確認できないし、前方を確認すると濡れてしまうぅ。。 ビニール傘なら、前から降る雨をガードしつつ、前方を確認しながら歩ける!Oh!

「許せない?」
ある日、「緑色」を許せない、という人に会った。 苔、新緑、青竹、、、自然の美を愛でることができなくて、可哀想だなぁ、と思った。 別の日、「青色」を許せない、という人に会った。 空、海、地球、、、、いったい何があったんだ!

「叫び」
時を超えて愛されている建物には、多く、ステンドグラスが施されている。 スルタンアフメットモスク(トルコ) ノートルダム大聖堂(パリ) 大浦天主堂(長崎) 鳩山会館(東京) ステンドグラスを施すならば、歴史に残る建物になる、、、と叫びたい!

「高層ビル群の果て」
20年前にスイスのジュネーブを訪れたとき、 廃墟になりつつあるビルは、老人の住まいとして提供されていた。 そして、その部屋に住む老人が天国に召されると、 どこからともなく現れたアーティストがその部屋を占拠し、 天井には満天の星を描き、部屋はカラフルに塗装され、 青い部屋、赤い部屋、黄色い部屋・・・POP、ROCK、LUCK!! トイレが壊れていたっておかまいなし! 隣や、その隣、上の階でも、使えるトイレは自分らのトイレ! 暗黙のルールは、部屋に鍵をかけない事。 100年後にはアーティストの楽園かも・・・

jlog
└2019
・ 私の宝物(最終更新日:2019.Jul.31)
└2018
・「Air India でいざ!」はじめてのインド旅行('18)お土産フォト
・「生き物の立体造形」ギャラリー

blog archives
「ひとりごと - Enjoy the moment - ( 2014.May 〜 2018.Dec )」